Archive for the Category »EC-CUBE «

小ネタ:テンプレートを確実にUTF-8にする

 





WordPressやEC-CUBEなんかのソースファイルやテンプレートファイルなんかは、ほぼ全てUTF-8で保存しなきゃなりません。
でも全部英文のファイルなんかだと、テキストエディタ等を使って文字コードをUTF-8に変更・保存しても、再度開けばShift-JISになったりします。
これだと毎回文字コード指定保存しなきゃいけなくて、かなり面倒くさいのでテンプレート内に日本語を入れておいて文字コード指定保存を確実にしました。
具体的にはファイルの先頭とか適当な場所に、

<?php /* UTF-8にする用日本語 */ ?>

というコメントを入れておきました。

もしくは大体は
<?php 
で始まっていたりするので、それを
<?php /* UTF-8にする用日本語 */
に変更しました。

たったこれだけ~

ファイアバードでEC-CUBEの郵便番号DB登録

 

EC-CUBEで最初にやる作業として管理画面から「郵便番号DB登録」がある。
でもここで自動更新をクリックしてもエラーになってしまう。
途中で止まる感じ。
さらにひどい場合はデータベースエラーになり、アクセスすらできなくなる。

ちなみに1回やらかして、1日アクセスできませんでした。
同じユーザー名のデータベースを利用してる全部のサイトがダウンしました(T_T)


おそらくデータ量が大きいのが原因で、ファイアバードのサポートも小分けで作業してくださいといってきたし、自動更新は不可能と思われる。

なので手動更新をすることに。
こちらも途中で止まるが、止まったところから再開できるので、何度か(自分の場合は5回ほど)手動更新をクリックしたら完了した。

ファイアバードでEC-CUBEの利用を考えている人は、郵便番号DB登録は必ず手動でやりましょう!!

ファイアバードにEC-CUBEをインストールできない(500 Internal Server Error)

 

サーバーを、安くて、それでいて独自SSLも使えて、データベースも使えて、Cronも使えるということで、ファイアバードにしてみた。

EC-CUBEに最適!と思ったが、CMSの簡単インストールに「EC-CUBE」がない!!
っていうより、Movable TypeとWordPressしかない。

という訳で、FTPでファイルをアップロードしてインストールする訳だが、予想通りエラー頻発(T_T)
ほとんどがパーミッションの問題かと。
SSHが使えると楽にパーミッションを保持したままインストールできるのだが、まあ低価格の共有サーバーでそれを求めるのはお門違いもいいところ。

しかし、そんな共有サーバーの運営者に有難いめっちゃ便利なインストーラーを発見しました。

wkyECCUBE自動インストーラーだ!

HIRORON LABs からインストーラーをダウンロードして、ちょいちょいと初期設定を済ませて、ボタンを押せば楽にインストールができるのである。
しかも自動的に最新のバージョンをインストールしてくれる。

他にも有名どころのCMSの自動インストーラーが用意されているので、ウェブ制作者にとっては本当にありがたいですね。
作者に感謝。


で、インストール完了!!
と思ったら落とし穴が。。。

いきなり「500 Internal Server Error」が出て先に進まない。

わお!である。

ただ、これはあっさり解決しました。

EC-CUBEの/htmlディレクトリの「.htaccess」ファイルを削除。
これだけである。

他のレンタルサーバーでも同様の事象が起きる場合があるそうなので、「500 Internal Server Error」が出た場合は「.htaccess」ファイル削除を試してみてください。

どうやらその中の、通常はphp.iniで設定するという項目が悪さするみたいです。
ちなみにファイアバードはphp.iniも手動設定できるので、「.htaccess」ファイルの内容は必要ないみたい。

EC-CUBEも、通常はphp.iniで設定しますと書いてるんだから、デフォルトでナシにすればいいのにと思いますが。

で、この記事でオススメしたファイアバードはこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファイアバード